たった1回で効果アリ?!インドエステの魅力にせまる!

インドエステでキレイになるHOME » インドエステの特徴
POPULAR INDIA ESTE INDEX

インドエステの特徴

インドで約5000年前から伝承されてきた伝統医学「アーユルヴェーダ」は世界三大医学のうちのひとつです。今でもヨガやエステなど様々なところで使われているアーユルヴェーダを取り入れたインドエステとは? 特徴や他のエステとの違い、インドエステのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

インドエステの施術の特徴

世界三大医学アーユルヴェーダに基づいたエステ

インドサロン

インドエステの大きな特徴のひとつが、世界最古の医学とも言われるアーユルヴェーダに基づいたメソッドを用いているという点です。アーユルヴェーダはインド・スリランカ地方発祥の医学で、オイルマッサージやハーブを使って体内を浄化し、バランスを整えることで自然治癒力を高める医学です。

アーユルヴェーダによれば、人は「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水)」の3つの体質(ドーシャ)で構成されています。そこでアーユルヴェーダでは、3つのドーシャのバランスに合わせて食事やマッサージなどを行います。 インドエステは、このアーユルヴェーダの考え方を用いて、主に体質に合わせたマッサージを行うエステです。ダイエットだけでなく、生理不順や冷え、むくみなど女性の抱える様々な悩みの改善にもつなげられるため、人気を集めているのです。

インドエステの主な施術方法

「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水)」の3つの体質に合わせて施術を行うインドエステ。施術方法は、「アヴィヤンガ」「カティバスティ」などが代表的です。

アヴィヤンガは、温めたオイルを身体に塗りこむことで、気の流れを整え、汗とともに毒素や老廃物の排出を促す施術方法です。身体を温めることができるため、脂肪も燃えやすく、ダイエットしたい方にぴったり。また、他の施術を受ける前にアヴィヤンガをしてもらうことで、より効果を高めることができると言われています。

カティバスティは小麦粉などで腰に土手のようなものを作ってオイルを流し込み、じんわりと腰を芯から温める施術方法です。腰の痛み、しびれに対する施術として用いられ、生理不順や冷えなど女性特有の悩みの改善にも効果がある施術です。 インドエステでは、オイルの他にハーブなども用いられます。アロマの香りでゆったりと心もリラックスさせることができる点も大きな特徴と言えるでしょう。

普通のエステとインドエステの違い

普通のエステとインドエステの大きな違いは、インドエステは体質改善にまでアプローチできるという点です。 ダイエットのためのエステとして活用されることの多いインドエステですが、冷え症や肩こり、便秘、生理不順などの悩みも解消できることがありますので、サロンで気軽に相談してみるといいでしょう。

3普通のエステとインドエステのメリット・デメリット

普通のエステと比べたとき、インドエステには次のようなメリット・デメリットがあります。

インドエステのメリット

薬草オイルやアロマなどを使って施術してもらえるインドエステは、自然治癒力を高めるアーユルヴェーダの考えに基づいているため、体質改善ができるというメリットがあります。

一人ひとりの体質に合わせて毒素を流し出し、余計なものを溜め込まない体質作りができれば、通うことで痩せやすく太りにくいからだ作りもできますよね。もちろん、ダイエット目的以外にも、むくみやコリの解消などにも使えます。 また、1回の施術でサイズダウンがマイナス5cmなど目に見えて効果が見られることが多いのもインドエステのメリットのひとつです。

インドエステのデメリット

インドエステが注目を浴びている理由のひとつが、1回の施術で効果が見られるという声が多い点です。体質も変えられるとなれば、いいことずくめのようにも思えるエステですが、デメリットももちろんあります。

  • 人によっては脂肪が硬く凝り固まっていて、施術時に少し痛みを感じることがある。
  • 体質改善には定期的に施術を受ける必要がある。
  • オイルマッサージが苦手な方には向いていない。

こうしたデメリットもきちんと理解した上で、インドエステが自分に合っているかどうかを判断してみましょう。

インドエステの痛みで得られる5つのデトックス効果

1.体質を改善し便秘や肩こりを解消する

インドエステでは体質改善が期待できるので、女性に多い便秘や肩こりの軽減にも効果的です。

代謝の悪さが便秘や肩こりを引き起こす原因のひとつだと言われていますが、インドエステを定期的に受けることで代謝が上がり、症状の改善だけではなく予防にも役立つでしょう。

2.滞った水分を押し流すデトックス効果によるむくみの解消

インドエステでは施術の際に大量に汗をかくことで、体内にたまった毒素を体外に押し流す作用があります。余分な水分を排出し、脚や腕周りだけではなくウエスト周りや顔のむくみの解消にも期待できるでしょう。

また一時的な効果だけでなく、むくみの予防には定期的な施術が効果的です。

3.ホルモンバランスの安定によるダイエット効果

ホルモンバランスの乱れは代謝・体温調節・血液循環などの身体の不調に大きく関わっている可能性があり、ダイエットの妨げになることもありますが、インドエステに定期的に通うことで、身体の内側からケアしてホルモンバランスの安定も期待できます。

4.天然アロマの香りによるストレスケア

インドエステでは、リラックス効果のある天然アロマを使用して香りを重視した施術をします。日々蓄積されたストレスを癒し、乱れた自律神経を整えて気分転換をはかります。質の高いアロマを感じて贅沢な気分になれるでしょう。

5.自律神経を整え心地よい睡眠を叶える

また、自律神経を整えることで心地よい睡眠を叶えます

質の良い睡眠はストレス・イライラ・不安感といったネガティブな感情を抑えることができるのです。

インドエステによる痛みには個人差がある

インドエステでは身体が冷えている状態でセルライトや脂肪をほぐすことになるので、ある程度の痛みを伴います。また、凝り固まっている人ほど痛みを感じやすいと言えるでしょう。

この痛みは個人の生活環境・体質・体型によって感じ方が変わるので、痛みの大きさを一概には言い表せません。

しかし、長く続けていけば体が慣れて痛みを感じにくくなり、凝り固まったセルライトや脂肪が柔らかくなるので次第に痛みを感じにくくなると言われています。

ある程度の痛みがあることで効果や気持ちよさを感じる人もいるので、それほど気にする必要はないでしょう。

痛みに不安な場合には相談するかプレマッサージを利用しよう

どうしても痛みが我慢できないときは、もちろん力加減を調節してもらうこともできます。不安があればはじめに相談し、施術の際に少しでも違和感を持った場合にはその場で伝えましょう。

エステサロンによっては、本格的にマッサージを行うまえにプレマッサージというサービスを行っているところもあります。気になる場合にはウェブサイトや電話で確認するとよいでしょう。

深海の泥などトリートメントを利用したインドエステでは痛みが軽い

エステサロンによっては痛みの少ないメニューを展開している場合もあります。

例えば、深海の泥・海藻・ハーブが配合されたトリートメントを利用したインドエステでは、あまり痛みを感じないような施術方法でとても効果的にマッサージを行うことができるため、体の負担を軽減することができるのです。

その他エステサロンによってそれぞれコースがあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。