たった1回で効果アリ?!インドエステの魅力にせまる!

POPULAR INDIA ESTE INDEX

体質改善

インドエステの効果の一つ、体質改善について、詳細を説明しています。

歴史が証明するインドエステパワー

インドエステ=アーユルヴェーダは、もともと病気やけがの治療法として、また病気にならないようにするための予防医学として、今も広くインドや世界中の人々の生活にも浸透している伝統療法です。

日本ではエステの施術法として有名になったので、美容関係の効果しか知られていない場合が多いのですが、本来、アーユルヴェーダが最も得意とするのが、健康への効果なのです。

インドエステで痩せやすい体質に変わる

日本のインドエステでも、ダイエット以外に次のような効果が期待できます。

  • 便秘の改善
  • 冷えの改善
  • 消化力を高める
  • 全身の代謝アップ
  • 血行促進
  • 肩、腰、首などのコリをほぐす
  • 発熱、痰、せきなどの風邪予防

マッサージにより身体を温めて発汗を促すインドエステには、体の新陳代謝を高めるという重要な目的があります。新陳代謝がよくなると、痩せるだけではなく、体のあらゆる不調にも変化があらわれます。

例えば、便秘、冷え、消化不良、肩コリ、腰痛など。女性が抱える悩みの代表とも言えるこれらの問題は、痩せない原因でもあるそうです。

これらの不調を改善することで、体はすっきりと軽くなり、痩せやすい体質に。

インドエステでは、この体質改善効果をとても大切にしています。冷えが良くなるだけでも、痩せるスピードが格段にアップするのだそう。

また意外なところでは、発熱、痰、せきなどにもインドエステは効果があるそうです。さすが、伝承医学といった感じですね。

インドエステの7つの体質改善効果

インドエステによってもたらされる体質改善効果を解説しました。

1.頑固な便秘の改善

マッサージをすることで頑固な便秘を改善できます。便秘になってお腹が張ってくると、薬に頼る人も多いでしょう。ただ、整腸剤による副作用が、まったく起きないとは言えません。山梨県立大学看護学部によるリフレクソロジー(足裏マッサージ)の検証では、自律神経中枢への刺激が、腸の運動に影響を与えている可能性が指摘されています。[注1]

マッサージを続けた1週間後、下痢や水様便に変化してきたとの報告に加え、2週間後には、便の量が増えたとも記録されています。

マッサージの前と後では、排便の回数やお腹の張り、排泄状況にも明らかな自覚症状の違いが現れています。いつまで効果を期待できるのか。どこまでの変化を認めるのか。検証期間を考慮するべきですが、マッサージによって便秘症状の改善がみられたことには違いありません。

2.夏でも冷たい冷え性の改善

インドエステを続けることで、末端神経の冷えも緩和してきます。マッサージによる血流の増加は、冷え性を自覚する高齢者への効果が認められています。両足の血流量はマッサージ前より後の方が高い数値を示しています。これに伴い皮膚の温度も上昇しています。[注2]

筋肉量や体脂肪など条件の違いはありますが、マッサージ後は、冷え性を自覚していない高齢者よりも血流量が増えています。これは高齢者を対象とした研究結果ですが、冷えは年齢に関係なく起こるため、若い人であっても同じような効果を得られると考えられます。

入浴後でも時間が経つと手足が冷えてくる。靴下を履かなければ足が冷たい。手足が冷えてなかなか寝付けない。冷えがあるだけで現れるさまざまな不調も、血流の増加に伴って軽減してくるでしょう。

3.ストレス軽減による消化力のアップ

食事療法が注目されがちな消化力ですが、マッサージによるストレス解消でも向上が見込めます。ストレス反応は、消化酵素のひとつである、唾液アミラーゼの活性や唾液中の総タンパク質量を測定することで、数値としてその影響を示せます。

富山大学工学部物質生命システム工学科では、ストレスと唾液アミラーゼの関係を検証。マッサージを受けたことで快適さを感じた被験者の場合、唾液アミラーゼ活性が軽減しました。[注3]

この結果からわかるとおり、消化器官はストレスによって働きが弱まります。そのためストレスを取り除くことは、消化力の向上に繋がります。

もちろん、マッサージだけでストレスの根本がなくなるわけではありません。ですが、問題を解決する直接的な手段にはならなくても、張り詰めている気持ちを解きほぐすことは可能です。マッサージによるストレス解消は個人差もありますが、消化機能を高める方向へ導けます。

4.低下している代謝をアップ

インドエステは熱中症などの原因でもある、代謝を上げることにも作用します。基礎代謝は、加齢に伴って低下します。[注4]

年齢によって代謝が落ちるのは、筋肉や運動量が減ることに関係していますが、汗をかきにくい体質であるかどうかも影響しているでしょう。低体温の人は汗をかきにくい傾向があり、体の熱を外へ逃がす体温調節機能がうまく働きません。

そのため熱が体へこもりやすく、熱中症にもなりやすいです。きちんと汗をかける人は体温調節もでき、基礎代謝に活発な活動があります。マッサージを受けて発汗を促すことは、低下している代謝を上げることにも繋がるのです。

5.血行促進でもたらされる健康

マッサージをすれば血行が促進されます。その最もわかりやすい例が、エコノミークラス症候群の予防でしょう。長時間同じ姿勢で座っていると血液の流れが悪くなり、下肢静脈に血栓ができやすい状態になってしまいます。[注5]

そのメカニズムはまだはっきりと証明されていませんが、足の運動によってエコノミークラス症候群が予防されることは、一般的に知られています。飛行機の中や車中など足の運動ができないときに代用されるのが、軽いストレッチやマッサージです。

マッサージをすることで血行が促進されるため、デスクワークの人へも推奨されています。インドエステでは足だけでなく、全身の血流が改善されることによって、本来の健康的な体質を取り戻すきっかけを作れます。

6.肩、腰、首のつらいコリをほぐす

インドエステにおけるマッサージ効果は、肩、腰、首のコリを和らげます。肩こりは、僧帽筋(そうぼうきん)と呼ばれる筋肉のエリアで発生します。僧帽筋は背中の表層にある筋肉ですが、姿勢の悪さやストレス、エアコンなどさまざまな原因で固くこわばってしまうと、必要な酸素やエネルギーが届きません。

その結果、老廃物が溜まったり筋膜にシワができたりし、重さや痛みを感じるようになります。肩コリは、僧帽筋を柔らかくすることで症状の緩和が認められます。温浴における僧帽筋の筋硬度の測定では、入浴後から1時間以内で、入浴前よりも硬度が9%減少していることが示されています。[注6]

これは血行促進によって溜まっていた老廃物が排出されたことで、筋肉の疲労が軽減されたことを意味しています。腰や首のコリも同じような原理で説明することができ、インドエステによるマッサージは、入浴と同等の血行促進力をもたらすことから、緊張してコリ固まった筋肉をほぐす働きがあるのです。

7.リンパの流れで風邪予防

インドエステのマッサージによって、リンパ管に溜まっている老廃物を除去することで、免疫力のUPに繋がります。リンパ管には、リンパ液として、老廃物や外部から体内に侵入してきた異物が回収されています。リンパ管はリンパ節の組織の一部であり、T細胞が含まれています。T細胞はウイルスなどの異物を認識し、免疫機能を働かせる役割を担当しています。[注7]

そのためウイルスや老廃物の含まれたリンパ液を外部へ流すことは、免疫をサポートする上で大切な作用と言えるでしょう。リンパ液は血液とは異なり、心臓の動きによって流れるものではありません。筋肉や管壁の収縮によって流れますが、その圧力は低く、流れも遅いです。マッサージはリンパの流れに有効で、滞留しているリンパ液を体外へ排出する手助けになります。

一度体験すると一生役立つインドエステ

インドエステの施術では、マッサージ以外に体質診断が受けられるのも大きな魅力です。これはアーユルヴェーダの柱にもなっている「ヴァータ・ピッタ・カパ」の体質でどれに当てはまるかを調査するもの。カウンセリング時に簡単なシートに記入して行います。

この診断も肝心です。

私はヴァータタイプだったんですが、どうして痩せられないのか、消化力が弱く便秘になりやすいことがわかり、ひいては対人関係の悩みまで解消され、驚きながらもとても為になりました。

サロンによっても施術内容に差はあると思いますが、体質診断を元に普段の食事法、ストレッチ法などを教えてくれ、ダイエットの知識が深まるのも醍醐味のひとつ。

普段の生活においてさまざまな悩みにあたった時でも、アーユルヴェーダの診断は役に立ちます。健康もそうですし、女性がイキイキと輝いて生きるための知恵を教えてくれるのが、インドエステなのです。

[注1]山梨県立大学看護学部:リフレクソロジーによる排便状況の変化について[pdf]

[注2]日本看護技術学会誌:冷え性高齢者に対するフットマッサージの冷え症状の緩和効果表5と表6 [pdf]

[注3]富山大学工学部物質生命システム工学科:唾液アミラーゼ活性はストレス推定の指標になり得るか[pdf]

[注4]厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会 表6[pdf]

[注5]独立行政法人 理化学研究所:血流停滞による血栓形成のメカニズムを解明[pdf]

[注6]東海大学工学部医用生体工学科:温浴が僧帽筋の筋硬度と表面筋電図パワースペクトルに及ぼす影響[pdf]

[注7]京都大学再生医療研究所:再生免疫医療分野

おすすめの人気インドエステ
オススメはこちら!