たった1回で効果アリ?!インドエステの魅力にせまる!

効果的な痩身コースがあるインドエステランキング
POPULAR INDIA ESTE INDEX

3つのタイプ

このページでは、アーユルヴェーダのタイプについて紹介します。

ドーシャとは

アーユルヴェーダのドーシャアーユルヴェーダの考えでは、人の体も宇宙も、すべてが同じエネルギーで動かされているとされています。この要素が、空、風、火、水、地の5元素をもとにした、3つの生命エネルギー「ヴァータ、カパ、ピッタ」。

私たちの体質も、季節も、時間にも、ヴァータ、カパ、ピッタのバランスが存在するそうです。このバランスに合わせた生活を送ることで、より健康に生きられるというのが、アーユルヴェーダの最大の教えなのです。

人の場合、一人ひとりが持つ、ヴァータ、カパ、ピッタのバランスによって「体質=ドーシャ」が決まります

ドーシャは生まれた時に決まるそうですが、生活習慣や環境によっても日々変化していくそうです。

3つのタイプの特徴

ヴァータ、ピッタ、カパの3つのエネルギーには、それぞれ次のような特徴があります。

  • ヴァータ:「空」と「風」がひとつになったエネルギー

【性質:軽い、冷たい
風の性質を持つエネルギーで、人体内のすべての動く力に関わる。

  • ピッタ:「火」と「水」が ひとつになったエネルギー

【性質:熱い
火の性質を持つエネルギーで、消化力や皮膚とも深い関係がある。

  • カパ:「水」と「土」がひとつになったエネルギー

性質:冷たい、重い
水と大地の性質をもつエネルギーで、消化を助けたり、栄養分を合わせて血、骨、筋肉をつくる働きをする。

----------------------------------

私たちの体は、この3つのエネルギーがバランス良く働くことで、生命を維持しています。なので「体調が悪いな」と感じるときは、3つのうちのどれかのエネルギーが乱れている証拠だそうです。

これだけだと少し難しく思えますが、実はアーユルヴェーダの考え方はとてもシンプル。上で挙げたそれぞれの性質さえ頭に入れておけば、自分の苦手なものや、季節、それに合った生活法までわかるんです。

例えば、ヴァータ体質の人は、冷たくて軽い性質ですよね。なので、冷たい物を食べた時、冬、動きすぎた時、冷たい人に出会った時などに、バランスを崩しやすくなります。

アーユルヴェーダには、同じ性質のものが同じ性質を増やす、という教えがあるので、体調を崩した時は、自分の体質と反対のことをすればOK。ヴァータ体質なら、温かい食事を食べたり、ゆっくり休養をとったり「温かくて重い」行動をすれば良いそうです。

また、アーユルヴェーダでは、体質別にバランスを崩した時にかかりやすい症状も挙げられています。それを知っておけば、便秘がちな時には、便秘はヴァータの症状なので「じゃあ温かい物を食べよう」、といった風にも体調を整えることができますね。

こんな風に簡単に自分でバランスを取りながら健康管理ができるなんて、便利ですよね。アーユルヴェーダを作り出した昔の方たちは、本当に偉大だと思います。